レジオネラの完全防止 – イスラエル生まれの画期的特許技術でバクテリアを殲滅いたします。

CQM社(水浄化システムが世界中の多くの企業で採用されているイスラエルの会社)は、不安定で未知のバクテリアを駆逐できる先導的な会社です。

2016年2月に、テネシー保健省はレジオネラ病の4つの症例を公式に報告しました – 少なくとも一人の死者を含みます。

16人のレジオネラの罹患患者が昨年ナイアガラ郡(NY)でも報告されました。

同様にペンシルバニアでは3名の罹患が報告されています。

ミシガンのマクラレン・フリント病院は、病気の温床でもありました:

当局の確認によれば、2014年に21名のレジオネラ感染、2015年には29名の感染、2016年には2名になっています。

CDCによると、米国ではレジオネラ病に5000人が罹患していると毎年報告され、そしてその死亡率は10人に1人の高い比率を示しています。

注)CDC:アメリカ疾病管理予防センター

レジオネラ病は病院の患者や医療スタッフの中にパニックを拡散しま、ホテルの客及び一般市民にもパニックを広げます

しかし、殆どのケースは殺菌剤、正しい水温とその他の処置が適正に為されておればレジオネラの発症は防ぐことが出来たと推測できると連邦防疫官は表明しています。

「人々は、必要以上に、回避可能な病気になっていて、予防できる感染症で死にかけています」と、CDCディレクター・トム・フリーデンは最近言いました。

そして、レジオネラ症の治療ために年間費用が4億3400万ドルに達すると付け加えました。

レジオネラ病とは?

あなたは一緒に行進している何千ものローマの兵士を思い浮かべるかもしれませんが、

レジオネラ病はそんなエキゾチックでありません;

それは、レジオネラと呼ばれる、米国で1976年に最初に発見されるバクテリアに起因する伝染病です:

米国在郷軍人協会メンバーはフィラデルフィア・ホテルに集まりました、そこで、汚染された水により29名もの死亡者発生したのです。

他の呼吸器疾患とは異なり、バクテリアで汚染される水の小さなしずくを吸入すること以外にはレジオネラ病は人々の間で直接蔓延しません。

症状がインフルエンザと肺炎と類似していて、不完全な診断は問題のままです、そして、ひどいケースでは、病気は腎臓と肝臓に損傷を与えるかもしれません。

何万もの人々は、レジオネラ病に世界中で毎年感染しています – 彼らのほとんどは、呼吸器疾患の年輩者、喫煙者、ガンと糖尿病患者等々です。

世界保健機構(WHO)による2007のレポートによると、ヨーロッパで診断されるケースのおよそ20%は旅行者に関連があり、特にバクテリアの潜伏期間が2-10日であるので、感染源を発見することは極めて難しいと言っています。

どの様にして、バクテリアを滅ぼすのか?

長年にわたる調査で研究は、レジオネラ・バクテリアを死滅させる方法があることを明らかにしました:

少なくとも55℃の温度に、水を加熱してください。

それでも、なぜ、我々は未だにレジオネラ感染症について聞かされされるのでしょうか?

この解決案は全く単純な事と聞き取れますがこれが他の複雑な問題に繋がるのです:

特に、公共建物では、そのような高温によって火傷が起きるだけでなく、55℃の温度を維持する莫大な財政的経費も含みます。

汚染が発見されたとき、2つの即時の措置はとられなければなりません:

すべての人々の避難とすべての水系の完全な殺菌です。

レジオネラ浄化の詳細をご希望の方は、氏名・電話番号・E-mailをinfo@cqm-tech.com に送信いただくか +972-3-973-2080までお電話でお問い合わせください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

このプロセスは高い経費が必要になり、ホテルの場合、更なる財務的な損害が否定的なメディア報道による風評被害を引き起こします。

イスラエルのCQM社は、レジオネラ病発生を防止するための、実証された解決方法を提供いたします。

CQMの独特の特許技術はバアクテリアを殲滅し、水を熱することなく、採用企業/機関のために大幅なコスト低減が可能になるシステムです。

CQMは、細菌性感染症を防止する水処置システムを発展させ実用設置を進めています。 – 主に対策が困難なレジオネラを対象としたシステムです。

そのSRBLシステムは、2007年12月に最初にインストールされました、そのオーストリアの療養所ではレジオネラ病を疑われた感染症で度々死亡者を出していました。

SRBLシステム稼働以降のすべてのテストは、レジオネラの痕跡を見出すことは出来ませんでした。

 

レジオネラ浄化の詳細をご希望の方は、氏名・電話番号・E-mailをinfo@cqm-tech.com に送信いただくか +972-3-973-2080までお電話でお問い合わせください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]